<< 平成28年度病院指標

平成29年度 常陸大宮済生会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 157 49 33 38 62 116 228 318 601 302
地域の急性期病院として、幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しております。
重症化しやすい高齢者の割合が高く、次いで小児科が多くなっております。
中核医療機関ということもあり、地域の診療所や病院からの紹介が多くなっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 66 19.82 17.71 10.61% 84.42
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 43 27.07 20.83 16.28% 86.19
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術処置2なし 定義副傷病名なし 32 13.38 10.61 0.00% 78.34
0400801499X002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし A-DROP スコア2 25 15.68 15.12 4.00% 86.92
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 23 18.48 12.34 17.39% 78.91
内科では心不全の患者さんが最も多くなっております。
次いで誤嚥性肺炎となっておりますが、これは当院では近隣の介護施設からの入院も多いことによるもので、嚥下機能の評価による食事の検討、退院後の療養に関する調整等の対応も行っております。
胆管結石等も比較的多い疾患となっており、ERCPや内視鏡術も行っております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病名なし 52 28.08 19.94 1.92% 81.83
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 22 10.73 8.98 0.00% 76.73
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 21 22.76 20.83 19.05% 82.05
060210XX9910XX ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術処置1あり 手術処置2なし 19 18.32 13.52 10.53% 78.47
060035XX01000X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 19 17.16 15.61 0.00% 74.84
胸椎・腰椎の圧迫骨折が上位にありますが、術後の受入、又は近隣の医療機関からの紹介が主になっております。また、結腸の悪性腫瘍などは手術件数の多い疾患でもあります。肺炎等の疾患も多く受け入れており、幅広い対応を行っております。手術は、早期退院の可能な腹腔鏡下での手術も行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090XXXXXX0X 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病名なし 47 5.17 5.94 2.13% 1.70
030270XXXXXXXX 上気道炎 17 4.18 4.84 0.00% 3.88
040100XXXXX00X 喘息 手術処置2なし 定義副傷病名なし 16 6.00 6.32 0.00% 4.63
0400801199X00X 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 15 6.00 5.70 0.00% 3.73
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術処置2なし 12 4.75 5.50 0.00% 4.92
肺炎や喘息等の呼吸器の患者さんが多くなっています。また、ウィルス性腸炎など感染症の疾患も多くなっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術処置1なし 11 3.18 4.14 0.00% 57.27
160660XXXX0XXX 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 手術処置1なし - - 10.25 - -
160790XXXXXXXX 手関節周辺開放骨折 - - 10.31 - -
080006XX01X0XX 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術処置2なし - - 8.50 - -
080250XX99X0XX 褥瘡潰瘍 手術なし 手術処置2なし - - 24.55 - -
表示に必要な件数に達していないため患者数の表示はありませんが、体表面の良性腫瘍・悪性腫瘍などを多く診察しており、事故や怪我などによる皮膚の損傷等も治療を行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - 9.68 - -
180040XX99X0XX 手術・処置等の合併症 手術なし 手術処置2なし - - 9.74 - -
表示に必要な件数に達していないため患者数の表示はありませんが、脳疾患全般の診断や治療を行います。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - 12 - 24 19 1 7
大腸癌 - 18 10 - - 19 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
(定 義)
5大癌について初発患者さんにはUICCのTNMから示される病期分類による患者数を、再発患者さん(再発部位によらない)には期間内の患者数としています。
患者数は延患者数で示しています。例えば一連の治療期間に入退院を繰り返すなどを行った場合は、同一患者さんに入退院を繰り返した回数分をかけた延患者さんとします。またStageが「0」のものは集計対象外としています。(UICC分類は第7版を活用)
(解 説)
5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃癌、大腸癌、肝臓癌、肺癌、乳癌の事をいいます。UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を、一度に表わすことが出来るように作られたのがStage分類です。
この指標では、当院が入院治療を行った5大癌のStage分類毎の患者数を示しております。
※この集計においては、がんを疑い入院をされた患者さまも含まれておりますので、不明となる件数が多くあがっております。
※当院における症例では転移を認めるステージⅣの多い状況となっております。がん早期発見のためにも、毎年の健康診断や各がん検診を受け、早期発見・早期治療が重要となります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 7.40 26.10
中等症 86 14.16 81.90
重症 31 22.97 86.03
超重症 - - -
不明 - - -
全国の傾向と同じように高齢者肺炎が増加しています。
特に慢性呼吸器疾患をお持ちの患者さんは繰り返し肺炎に罹患される方も多い状況です。
高齢者で合併症を有する肺炎は重症化の危険性が高く、適切な抗生剤の使用や酸素投与などの治療が重要となり、長期入院する傾向となっております。
また、長期入院に伴う筋力・体力低下を防ぐため、早期のリハビリ実施を心がけています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 32 31.03 83.06 18.75%
脳梗塞等の患者さんを集計したものです。
○平均在院日数とは病院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
○転院率とは該当する症例数のうち当院から他の病院に転院して継続入院することとなった患者さんの割合です。
当院での脳梗塞の患者さんの平均年齢は84歳に近く、後期高齢者の方が多くなっています。平均して40日程度の入院期間で治療とリハビリを行い、自宅もしくは施設に退院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 36 1.31 5.64 2.78% 68.47
K672 胆嚢摘出術 19 3.11 8.74 0.00% 65.74
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 17 15.53 26.82 52.94% 80.29
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 17 1.29 6.41 0.00% 67.41
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 12 0.42 4.33 0.00% 41.75
最も多い手術症例は鼠径ヘルニアに対する手術となっておりますが、外科が部位や治療内容ごとに多種多様の症例を実施するため、全患者に対する上位症例の比率が低くなっております。また、他院よりパーキンソン病等による嚥下機能の低下を認め、胃瘻造設目的に紹介というケースもあります。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 5.23 14.68 0.00% 84.55
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 10 3.70 2.50 0.00% 69.70
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) - - - - -
K6851 内視鏡的胆道結石除去術(胆道砕石術を伴うもの) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
胆石や胆管炎、癌といった胆道疾患が多い症例です。
胆石で胆管が詰まって炎症を起こすなどが典型的症例で、胆管をチューブで広げる、胆石を除去する、膿瘍を取り除く治療が内視鏡を用いて、もしくは経皮的に行われます。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) - - - - -
K0151 皮弁作成術・移動術・切断術・遷延皮弁術(25未満) - - - - -
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) - - - - -
K0493 骨部分切除術(指) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
表示に必要な件数に達していないため患者数の表示はありませんが、体表面の良性腫瘍・悪性腫瘍ならびにその再建の手術が上位を占めております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) - - - - -
表示に必要な件数に達していないため患者数の表示はありませんが、慢性硬膜下血腫の除去等の手術を行います。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 10 0.53%
180010 敗血症 同一 10 0.53%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
この指標は、医療の質の改善に資すため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして敗血症、播種性血管内凝固、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い行っております。
起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めております。
更新履歴
2018/09/28
平成29年度 常陸大宮済生会病院 病院指標 公開