診療科・部門のご案内

形成外科

診療内容
    形成外科では体表のけが、やけど、皮膚腫瘍などを扱っています。 整形外科と混同されることがよくありますが、整形外科が骨、関節などを扱うのに対して、 形成外科は全身の体表を扱う科です。いわば皮膚外科と思っていただければよいかと思います。 傷の扱いを専門にしており、外傷時には出来るだけ傷の残りにくいように縫合したり、手術後などで目立つ傷のあと(肥厚性瘢痕)が残ってしまったときは、再切除、テーピング、内服等で目立たなくするための治療も行っています。

対象疾患
    体表のけが(切り傷、すり傷、動物咬傷)、やけど、手足の外傷、指の骨折・切断、 皮膚腫瘍(ほくろ、
    あざ、しみ、いぼ、粉瘤、脂肪腫など)、皮膚がん、ケロイド、肥厚性瘢痕、 巻き爪、陥入爪、眼瞼下垂、睫毛内反(逆さまつげ)、褥瘡(床ずれ)、魚の目、タコ、 腋臭症(わきが)、多汗症など
    ※レーザー治療、美容治療は行っておりません

■外来診療担当表 [形成外科]はこちら
       ※ 変更・休診になる場合もございます。詳しくはこちらでご確認ください。⇒休診情報

■勤務医プロフィールはこちら

Top