NEWS

職員及び入院患者の新型コロナウイルス感染と今後の対応について
〜患者さん・ご家族の方へ〜

更新日:2023/01/10

 令和4年12月27日並びに令和5年1月1日において、当院に勤務する職員及び入院患者さんの新型コロナウイルス検査を行った結果、陽性であることが確認されました。このため、対象病棟において接触の機会があったと考えられる患者さんと職員の調査及び検査を、ひたちなか保健所と相談しながら実施しております。
 これに伴い、当院の診療につきまして、以下の対応をさせていただきますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1 入院診療について

 職員及び入院患者さんが感染確認された病棟について、当分の間、新規入院患者さんの受け入れを中止します。かかりつけで終末期等の患者さんにつきましては、別途対応させていただきます。

2 外来診療について
 内科外来について、通常どおり診療いたします。
 外科外来について、通常どおり診療いたします(1月4日~ 一部制限解除)。
 小児科外来について、12月28日~ 一部制限させていただいております。
 発熱外来(内科・小児科)について、12月28日~ 一部制限させていただいております。

3 救急患者の受け入れについて

 一部制限させていただきます。

4 入院患者さん・ご家族の方へ

 面会は原則禁止とさせていただいてます。ただし、終末期もしくは病院から緊急事態でご連絡させていただいた場合は除きます。荷物の受け渡しに関しては、各部署での対応とさせて頂いております。
恐れ入りますが、サージカルマスクの着用、手指衛生にご協力ください。


 現在、入院中の患者さん、ご家族の皆様につきましては、ご心配とご迷惑をお掛けしますこと深くお詫び申し上げます。安心して治療に専念していただける体制を整え、感染対策に一層努めて参ります。
 また、外来診療につきましては、一部制限となりますが、感染対策に留意しながら行います。
当院は、地域の基幹病院として安心で安全な医療を提供するため、感染対策をこれまで以上に徹底し、職員一丸となって感染拡大防止に全力で取り組んで参ります。
 大変ご不便をおかけいたしますが、引き続きご理解ご協力のほど、お願い申し上げます。

令和5年1月10日 
常陸大宮済生会病院
院長 小島 正幸