診療部門のご案内

外科消化器科で行う手術・がん診療について

geka_ope01

外科消化器科で行う手術について

外科・消化器科 部長 目黒 由行

 当院外科・消化器科は日本外科学会外科専門医制度修練施設、日本がん治療認定医機構認定研修施設、日本大腸肛門病学会認定施設として小島正幸副院長のもと外科専門医2名(小島、目黒)を含む合計3名の常勤外科医で診療をおこなっており、消化器一般外科領域で行うほぼ全ての手術に関して対応しています。 胃癌、大腸癌等の消化管の悪性腫瘍に対してはガイドラインに基づいた過不足のない、標準的な手術を行っています。

 特に早期大腸癌に対する腹腔鏡下手術は体への負担や根治性の面においても優れた治療法であり、当科で力を入れて行っている分野でもあります。県内では数少ない内視鏡外科技術認定医の資格を持ち、多数の医師への指導経験を持つ小島を中心に安全に施行可能と判断される症例を選択した上で、積極的に取り組んでいます。

 また、肝臓、胆道、膵臓等の一部の手術では必要に応じて当科への医師派遣元である自治医科大学消化器 一般外科の専門スタッフや、肝胆膵外科高度技能指導医である県立中央病院 名誉院長永井秀雄先生を招聘し手術に参加して頂き、地元の病院でも安全で確実な手術を施行できる体制を整えています。

 鼠径ヘルニアや胆嚢結石、急性虫垂炎等の非がん症例では多数の手術をこなしており、ヘルニアに関してはtension-free法と呼ばれるメッシュを用いた修復をすることで、修復部位の過度な緊張を防ぎ、術後の疼痛や再発を予防した術式を基本としています。その上でヘルニアの種類や患者様の全身状態、抗凝固薬の使用の有無などに基づき、数種類の術式(Direct Kugel法、Kugel法、Lichtenstein法、より小さな傷で施行可能な鏡視下ヘルニア修復術)から選択しています。
 また、胆嚢結石や虫垂炎の手術においては術前に安全に施行可能と判断された症例に対して、より体への負担の少ない腹腔鏡下の手術を基本術式として行っています。

 緊急手術症例に関しても、近隣病院からの紹介には可能な限り対応しており、大多数の症例が当院で手術を含めた急性期の治療を終えています。

 近年の消化器癌診療は、手術療法のみならず、手術前や手術後の化学療法(抗がん剤治療)をはじめ内視鏡治療、放射線治療、ラジオ波治療、血管塞栓治療、緩和治療などの多種多様な治療が行われています。当科では消化器癌のこのような多種多様な治療法の中から患者様に対して最も適切な治療を提供できるよう日々努力しています。当院でおこなう事ができない治療(放射線治療や肝癌に対する非手術治療など)がベストな治療法と判断された場合には、地域がんセンターである茨城県立中央病院をはじめ、各々の治療が施行可能な施設へ紹介しています。患者様の希望による他施設へのセカンドオピニオンに関しても責任を持って対応させて頂いています。

 手術による切除が不可能な進行した消化器癌に対しては、分子標的薬を併用した標準的な抗がん剤治療も施行しています。
 また、抗がん治療を行わない、緩和ケアに関しても幅広いがん種に対して行っています。患者様やご家族の希望があれば積極的に在宅医療を行っている近隣医療機関(ひたちおおみやクリニック等)と緊密な連携を図り、当院のバックアップのもと、自宅で可能な限り時間を過ごしたいという希望にお応えしています。

高齢者のがん治療について

 常陸大宮地域では高齢のがん患者様が多いことが特徴です。
 当科の基本的な考えとしては、高齢であることがすなわち手術ができないということではなく、手術や抗癌剤、その他多数の治療方法の中から治療方針を決定していくためには、がんの進行度だけではなく、患者様の心臓や肺などの併存疾患の状態、認知症の有無、社会的な背景、本人や家族の価値観を考慮して決定していくべきであると考えています。
 治療方針の決定に関しても、本人やご家族が充分に納得できるよう丁寧な説明を心がけて診療しています。

 その他当院での手術、がん診療に関して何か分からない事やご質問があれ遠慮なくお問い合わせ下さい。

Top